「今から日本で起きる危機」

      2015/12/13

こんにちは、ゴルゴ31です。

面白い記事を見つけました。

 ジム・ロジャースが語る「今から日本で起きる危機」

ジム・ロジャースというのは世界的投資家ですね。

たまたま、ボクもほとんど同じ意見なんで興味深く読ませてもらいました。

(というか、普通の人が普通に考えると同じ意見になる)

リンク切れに備えるため、あるいはリンク先に飛ぶのが面倒な方のために以下に要約をさせていただきます。

・安倍総理は日本を破綻させた人物として歴史に名を残す →アベノミクスの「矢」は自分の背中に刺さる

・自国通貨の価値を下げるのは狂気の沙汰であり、国は崩壊する ・自国の通貨価値を下げて成功した例はない

・ただし、2~4年以内にバブルは起こるが、結果インフレ

・インフレの結果、貯金の目減りや年金カット等国民生活を直撃する

・国民生活は疲弊し、批判の矛先は外国人、銀行、メディアへ (ゴルゴ31注釈:ドイツはこの流れでナチス登場しました。) では、対策はどうすればいいのか?

・増税ではなく減税

・日本は少子化対策や移民政策をしないので自分(ジム・ロジャース氏のこと)なら国外脱出

・(脱出できない人は)株と外貨の購入、 ・米ドル・香港ドル・人民元海外の銀行で保有する

引用、ここまで。

我々はマイホームという名の住宅ローンによってレバレッジを効かせた国内不動産投資、日本国債で大部分運用されている公的年金、国内の銀行やゆうちょ銀行に大半がある金融資産、そして自分自身の仕事という名の労働債権、ほぼすべてを日本国内に保有していることになります。

ほんの一部は海外で保有することにして、少しでもリスク分散をするほうが安心かもしれませんね。 そして、インフレ対応できてない個人年金保険など長期の積立は絶対にしないことです。

ジム・ロジャーズ 米国出身。ジョージ・ソロスと投資会社クォンタム・ファンドを設立し、驚異的なリターンを上げる。37歳で引退し、世界を旅する。2007年、一家でシンガポールへ移住。著書に『中国の時代』『ストリート・スマート』がある。

オフショア投資 ブログランキングへ

 - ブログ

Show Buttons
Hide Buttons