ああ、スカイマーク

      2015/06/12

国内航空大手、スカイマークの経営が行き詰まりました。

フライトは継続するようですが民事再生法の適用を申請し、3月1日をもって上場廃止です。

事実上の倒産ですね。

今まではオペレーティング・リースという方法でリース会社から自社の飛行機をリースして会社の営業を継続していた同社です。

それが飛行機を1機も持っていないにもかかわらず、何を思ったか1機あたり300億円以上もするエアバスを6機購入しようとしました。

合計の購入金額で1800億円~2000億円にのぼります。

同社の年間売上高が850億円程度なんで2年分の売上高に匹敵する金額です。

本当にどうしてこんな投資をしようと思ったか理解不能です。

ワンマン経営者だったので、社内の反対を「鶴の一声」で封じ込めたようですね。

人気路線にでも参入して一気にJAL,、全日空との距離を縮めようとでも思ったのでしょうか?

ところが、ピーチやジェットスターなどのLCCとの競争も激化したため、案の定、購入を見送りになります。

時代の流れはボーイング787のような中型機で燃費を節約しつつ、搭乗率を上げて採算性を良くするという流れになっていたところでした。

完全に流れを読み違えたわけです。

これですんだら良かったんですが、仮払いの200億程度では許してもらえずに、エアバスからそのほかにも多額の違約金支払いを求められ、金額で折り合いが付く前に行き詰まりです。

円安の影響で航空機のリース料が上がったのもトドメを刺すのに十分だったようですね。

有利子負債は少ないにも関わらず、手元現金が底をついてギブアップですね。

とまぁ、帳簿上の負債は少なくても、簿外の隠れ負債と資金繰りの行き詰まりによる倒産の典型例のように見えるんですが、驚くべきは昨日までの株価と信用買い残です。

株価300円台。。。

信用買い残 460万株

っておいおい、何でやねん。

ボクはスカイマークの株については、見ていないんでよくわからないのを前提にお話するんですが、エアバス騒動勃発以降こんな会社の株って普通買うのかな?って本当に思いました。

ディスクロージャーがちゃんとなされていたのか、疑問に感じます。

本当に不思議です。

信用買い残に比べて売り残が殆ど無いようなので、しばらくは値段がつかない状況ですね。

多くの人がそれぞれ多くの財産を失うことになるでしょう。

我々にはこれからも正しい情報とそれを見極める洞察力が必要になりますね。

自分も気をつけたいものです。

それでは。

人気ブログランキングへ

 -

Show Buttons
Hide Buttons